ぽんこつ山ヤのヤマ活日記

趣味の登山のことなど

北浦界隈散策①

霞ヶ浦と太平洋の間に挟まれた北浦。

この辺りはあまり行ったことがなかったなぁとちょっとうろうろしてきました。

 

北浦界隈散策、まずは鹿島神宮

お出かけ日和の2月中旬、緊急事態宣言発令中の茨城、それでも人は多かったです。

f:id:pctyamaya:20210218134051j:image

街の中にあり、とても神聖な雰囲気。
f:id:pctyamaya:20210218134048j:image

境内は隅々までとても綺麗です。
f:id:pctyamaya:20210218134101j:image

入口付近の稲荷神社。
f:id:pctyamaya:20210218134039j:image

牙のある狐様。
f:id:pctyamaya:20210218134044j:image

鹿もいるのですが柵の中です。こども達は日向に出て何か食んでました。
f:id:pctyamaya:20210218134105j:image

誰かに似てる(笑)
f:id:pctyamaya:20210218134056j:image

鹿島神宮の奥宮。本殿よりこちらの方が好き。

f:id:pctyamaya:20210218135145j:image

要石は掘っても掘っても掘り出せず、掘り下げるほどに形を変えている不思議な石なんだとか。地震の時にこの石が要となりこの地を守ってくださる言い伝えがあります。
f:id:pctyamaya:20210218135149j:image

鹿島神宮の中でいちばん好きな場所が御手洗池。この池の水は透き通っていてそこが見えます。何があっても溢れず一定の水深を保っている不思議な場所で、ここにいるとなんとなくいい氣の流れを感じられます。

帰りは御朱印をいただいて神社を後にしました。近くの西の一ノ鳥居へ移動します。

 

山と街と海

1月の小春日和。

f:id:pctyamaya:20210122100709j:image

日立の海は凪、風もほの温かく穏やかでした。
f:id:pctyamaya:20210122100729j:image

小木津山自然公園はお散歩するのにちょうどいい場所でした。

f:id:pctyamaya:20210122100721j:image

山から海が見えるってなんだか素敵で、清々する景色は、窮屈な気分をスカッとさせてくれました。
f:id:pctyamaya:20210122100724j:image

汐風は磯の香り、陽射しは柔らかく
f:id:pctyamaya:20210122100716j:image

気持ちのいいドライブ日和でした。f:id:pctyamaya:20210122100713j:image

八溝山

茨城最高峰、八溝山から大神宮山を往復してきました。

f:id:pctyamaya:20210207185515j:image

標高1000mちょっとの山を標高700mちょっとまで下り、また登り返すルート。

昨年の12月から今年の1月にかけて一回の山行が5キロに満たない山歩をしてたので、この日結果的に17キロ近く歩きさすがに足がワナワナしました(笑)

f:id:pctyamaya:20210207185531j:image

八溝山展望台からは遠く霞む栃木、福島、茨城の山々。この日は遠く霞んでいたので写真もなくです。

f:id:pctyamaya:20210207185511j:image

ルートは全体的に歩きやすくて、いいタイミングでなだらかだったり登らせたり。個人的には好みの山と道でした。
f:id:pctyamaya:20210207185518j:image

let's go out

外に出よう!

f:id:pctyamaya:20210207185523j:image

コロナ禍に見つけた、私の希望。

 

北山

赤城山付近にある小沼が凍ったのを見たくてフラフラしてきました。

f:id:pctyamaya:20210110175353j:image

いい天気で、気持ちの良い日でした。大沼より静かで好きな雰囲気。

f:id:pctyamaya:20210110175522j:image

でも、割れたらどうしようと思うとちょっと怖くて(笑)沼の真ん中までなかなか行けなかったです。

f:id:pctyamaya:20210110175637j:image

岸の近くでウロウロ。

f:id:pctyamaya:20210110175715j:image

北山は小沼のそばで丘のような山でした。雪がない普段は藪山っぽいかな。

f:id:pctyamaya:20210110175748j:image

小黒檜岳と同じ山名板の字にホッとしたりして。

f:id:pctyamaya:20210110180013j:image

赤城山界隈はまだまだ未踏のお山があるのでワクワクします。次はどこ歩こうかな。

 

牛首山

お正月、赤岳へのクラッシックルート真教寺尾根を牛首山まで歩いて来ました。

f:id:pctyamaya:20210103100731j:image

森の中は歩きやすく緩やかに標高を上げていきます。

f:id:pctyamaya:20210103101041j:image

この日はあまり雪がついてなくてラッセルなどはしなくても良かったので、自分の歩きにだけ集中出来て楽しめました。

f:id:pctyamaya:20210103101435j:image

拓けたところからの富士山はとても綺麗でした。お正月らしい(笑)
f:id:pctyamaya:20210103101430j:image

牛首山山頂は強風でした。八ヶ岳界隈はホント風が強いですね。

f:id:pctyamaya:20210103101635j:image

大好きなアニマルトレース♡かわいい。この冬はたくさん見てきたな、アニマルトレース。とうとう姿は見なかったケド(笑)

 

雪がなくなったら、この尾根から県境尾根へ赤岳を経由して歩いてみようと思ってます。来たことのある同じ山でも、ルートを変えて楽しめるから何度でも行きたくなりますネ。

 

赤薙山

昨年のクリスマスに、赤薙山で雪踏みして来ました。

f:id:pctyamaya:20201224125212j:image

快晴無風で最高のコンディション。久々につけるアイゼンの練習にもなり、アイゼン歩行の見直しにもなりました。

f:id:pctyamaya:20201224125402j:image

暑くて上着を脱いだり帽子をしまったり、脚はギアで重いしなかなか進まず。

f:id:pctyamaya:20201224125543j:image

でも楽しくて(笑)

f:id:pctyamaya:20201224125620j:image

例え限られた時間でも、やりたいことを精一杯楽しみたい。朝起きてちょっと面倒くさいと思っても、やっぱり来てよかったって感じる。

f:id:pctyamaya:20201224125856j:image

自分へのいいクリスマスプレゼントになったひととき。そういうの、大事。

浅間山剣ヶ峰

浅間山の外輪には個性的な山々が点在していて、どの山も魅力的です。私がいちばん気になっていて登りたかった剣ヶ峰は、外輪の中でもいちばん地味(笑)

f:id:pctyamaya:20201218062239j:image

昨年暮れに初寒波が来た日に乗り込みましたが、爆風予報は大当たり、1900mの尾根で撤退しました。ピークはあの頂きの向こう。ここからでは浅間山さえ見えないので残念。
f:id:pctyamaya:20201218062248j:image

尾根に上がるまでの森の中は、迷いようもないほどの目印や標高看板があり、傾斜もさほど労せず歩けました。
f:id:pctyamaya:20201218062252j:image

標高を上げてくると柔らかな新雪が乗っていて埋まるのが楽しい。吹き溜まりは腿のあたりまで。
f:id:pctyamaya:20201218062309j:image

まだ雪が締まってないので強風で巻き上げられた雪がブリザードになり、出ている肌にあたり痛いです。
f:id:pctyamaya:20201218062312j:image

友は、何を思い踏みしめているのか?
f:id:pctyamaya:20201218062256j:image

撤退した山は必ずリベンジ。一昨年、前掛山を目の前にやはり強風で撤退してるので浅間山界隈の風は本当にやっかい。前掛山より剣ヶ峰へ行けないことが悔しいので、必ず行きます。
f:id:pctyamaya:20201218062316j:image

リベンジお山は増やしたくないけど、今回は体力うんぬんではなく風読みを失敗しただけなので、てんくらの言うことを聞こうと思います(半分くらいは)。
f:id:pctyamaya:20201218062300j:image

↑あまり反省しないタイプ(笑)
f:id:pctyamaya:20201218062244j:image

下山した時間が早かったので、おかわりにと榛名神社から天狗山へ連れて行ってもらいました。
f:id:pctyamaya:20201218062305j:image

風はあったけど、剣ヶ峰に比べたらそよ風。山頂からの眺めは最高で浅間山がよく見えてました。剣ヶ峰で眺める予定だった八ヶ岳、富士山、筑波山も見えて榛名神社の清々しい気を感じることができるとても良い山でした。

 

連れて行ってくれた友に感謝。いいお山めぐりを本当にどうもありがとう!